検索
  • マリユキ

バイオリン岡本誠司くんのリサイタル行きました  12/24

リサイタルと聞くとどうしてもジャイアン思い浮かべるマリユキです。0から1、2リサイタルシリーズ通ってます。今日のピアノは務川慧悟くんです。実は初めて生音聴きます。気になるからTwitterとかフォローしてるし、web上の音は聴いてるけど、クラシックは特に生音の響きが違うので。同じ楽器で同じ楽譜のはずなのに人によって音が違うのってちょっと不思議。岡本誠司くん今日のプログラムはイザイから始まりました。つくづくバイオリンって色々な音が出る楽器で、奏者も色々な音を出す人だな~と。ベートーヴェンで務川くんの音初めて聴きました。見た目も細くて若い子って雰囲気で可愛い。岡本くんと同年代と思えない。反田くんと岡本くんは貫禄あり過ぎて20代前半の時から40代のオーラがあった。ロシア女子フィギュアのトゥクタミシェワみたいな感じ?知ってます?18歳なのに熟女の色気があると言われていた選手で私はかなり好きです。脱線しましたが、務川くんも海外で苦労してるはずなのに良い人そうなんです!音までが。狭い道ですれ違ったら、道譲ってくれそうみたいな。ピアノの音も優しくて耳触りの良い音でした。岡本くんのバイオリンは呼吸しながら滑らかに滑るんです(私のイメージ)ちょっと呼吸に湿気感じるのですが今日は湿気少なめでした。務川くんが清々しいからかな?ベートーヴェンのバイオリンソナタ10とシューベルト幻想曲は教会に来ているような優しくて清々しい気持ちになりました。幻想曲はクリスマスの夜、おもちゃが遊び歩く「ナイトミュージアム」とか「くるみ割り人形」のイメージで聴きました。かなり映像が浮かぶような演奏で素晴らしかったです。CD欲しい。20代であの表現力、反田くんと岡本くんは後20年熟成されたらどんな音になるんだろう。務川くんはあの優しくて清々しい音でいて欲しいな。反田くんの耳触りの良い滑るようなピアノの音とも相性良かった。優しい音だからぶつからないのかな?アンコールのシューベルトの夜と夢も、夜のしじまの空気感が伝わって凄い良かった。やはりただ者じゃない!あの20代3人。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示